車査定

お店の車のエンジンをかけること

中古車店で車をチェックしているときに、外から細部を観察してある程度良さそうだと分かったら、内部をチェックする事になります。汚れているシートや臭いなどを細かく診ていきますが、その時に確認しておきたいのがエンジンをかけることです。

 

 

当然のように一発始動するべきなのですが、中にはなかなかエンジンがかからない車もあって、販売すべき状態まで整備されている車なのかどうか疑わしい車もあったりします。その辺りの全てのチェック項目でクリアする事が購入する条件だと思います。

 

中には販売スタッフが、適当な受け答えをする人もいて、車の整備状況を聞いても何も答えない人もいるのです。そんなスタッフの受け答えと、整備状況のシートを細かくチェックして、疑問な点があれば指摘するか、購入しない車と認定することも良い考えだと思います。

 

車を購入する時には、気になる部分がいくつもあるので、全てが満足できるものを買った方が後々トラブルにならずに済むと思います。私の場合は、エンジンがなかなかかからない車を購入したことがあります。古い車だったので納得はしたのですが、購入してから一週間後に修理に出したのです。

 

これでは、車を買った意味が分からない状態でした。
NB0X購入前にはこちらもチェック→ホンダN BOX 燃費