車査定

バンパーとボディ


「バンパー」とは、他の車や構造物などにぶつかった場合の衝撃を和らげて、ボディへのダメージを減らす「緩衝材」としての役割であり、その役目を果たすためにボディから独立した部分になっていました。
しかし、モデルチェンジを繰り返すたびにバンパーは姿を変えていき、ボディのスタイリングに取り込まれ、見た目的にはバンパーが装着されていないかのようになりました。
その結果、確かに車のボディはひとつの塊としてデザインされるようになり、腕のふるい甲斐のある仕事ができて、デザイナーたちにとっても条件は好ましくなり、空理気的にも有利なスタイリングが可能になりました。
ですが問題点もあり、ボディと一体化されたバンパーは結果的に大型化して、ボディの構成部品としても実質フロントフェンダーよりも大きなものになってしまっていることが、ユーザーという視点から見たときに問題なのです。
「バンパー」が消滅したとしても、その部分のボディの構成パーツとしては空力性能の改善、もっと良いスタイリングの一部となるほか、基本的には好き嫌いにかかわらず緩衝材としての役割を果たさなければならないのです。
日本のように、道路も駐車スペースも狭く、人や自転車、車が混在して通行するような状況では小さな接触事故は日常的に起こるでしょうし、バンパーの側面などにかすり傷や小さいへこみがある車を良く見かけます。
みっともないと思って、修理をしようとしても「大型バンパーそのものが高価」「工賃もかさむ」となり、どうしても二の足を踏んでしまいます。
たとえば、バンパーを2つとか3つに分割できるように作れば梱包材や運送の費用なども抑えることができて、もっと気軽にバンパーの修理をすることができるのではないでしょうか?